読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マークシート試験なのに合格発表まで1か月以上かかる件

 FP技能士試験3級を終えてきた。夕方に発表された回答をもとに、自己採点をした結果は合格だった。マークに間違いがなければ、あとは合格を待つのみとなる。

 だがこの合格発表までの時間が長い。3月5日なので1月半近くかかるということになる。もちろんマークシート式なので、機械で読み取るはずなのだが、なぜここまで時間がかかるのか。

 他の資格試験もそうなのだが、おおよそマークシート式の試験というのは、ほとんど筆記試験と変わらない程度に、時間と費用がかかる。今回は学科が60問、技能が15問と問題数がさほど多いわけでもないのに、上述の時間と、各3000円の受験料が発生する。

 この辺の仕組みが良く分からない。マークシート1枚の読み取りにはおそらく1分もかからないのではないだろうか。それも複数の機械を使って作業すれば1時間で数百枚から数千枚ものマークシートを処理することは難しくないはずである。郵便局の保有する宛先を自動で読み取る装置でさえ、もっと早いのだから、単純な塗る/塗らないの二拓を判断するだけの機械であればさらに時間はかからない。

 可能性があるとすれば、目視による確認に時間がかかるということであるが、これだってある程度の人手(一日当たり100人程度、一人100枚で合計1日一万枚)を雇えば1週間程度で終わるはずである。

 この辺はどうにかならないものなのだろうか。FP技能士検定3級を受けた人の多くは、合格したら2級に挑戦したいと考えているはずであるが、合格発表が遅いということは次の試験までのモチベーション維持が難しくなる。

 せめて1月以内に合否を発表するように改善してほしい。