改定後の日商簿記試験2級 問題別の受験テクニック・心構え

 先日、日商簿記2級に合格したので、問題別の受験テクニックについて多くの人の役立つよう書いていきたい。

 

 初めに、最近の日商簿記試験2級の傾向について話す。結論から言えば、日商簿記試験2級は以前より難しくなった。日商簿記試験の合格率は以下の通り。

148回(2018年2月)  29.6%

149回(2018年6月)  15.6%

150回(2018年11月) 14.7%

151回(2019年2月)  12.7%

 

https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/candidate-data/data_class2

 

 148回の29.6%を最後に20%を下回る状況が続いている。当初は出題範囲が拡大しただけで難化したわけではないというのが、商工会議所と簿記予備校の共通見解だった。しかし前回151回の第3問を多くの予備校講師が批判するなど混乱が続いている。

 

 この合格率をどう考えればよいのか?例えば151回の合格率は12.7%なのだが、その受験者の中に149回・150回で合格を逃し、その間ほぼ1年勉強し続けた人がいると考えると、この12.7%という数字がいかに過酷かわかってもらえるのではないか。

 

 なぜここまで合格率が低下したかというと、一つの試験のなかで少なくとも1問はこれまで出題されたことのない形式の問題を出題するようになったからである。149回では第2問で外貨建取引、第3問で本支店会計、150回では第2問で税効果会計連結会計、そして151回では第3問で子会社間取引のある連結会計を出題するなど、受験者の意表をつくような出題が続いている。

簿記2級の受験テクニック

 それでは簿記2級が難化したという前提で、簿記2級の受験テクニックについて書く。

 

 ①工業簿記(第4問・第5問)は満点を目指す

 どこの予備校講師も言ってることだが、工業簿記で満点(40点)を目指さなければ合格は難しい。工業簿記は商業簿記と違って出題範囲が増えていない。また出題傾向も安定しているため点数が稼ぎやすい。ここで満点を取って商業簿記で30点以上を目指すのが最も合理的な戦略ではないだろうか。これから簿記2級の学習を始める人には工業簿記から学習することをすすめる。また試験の際も工業簿記から解き始めるのが良いのではないか。

 

②第2問は難問でなければ高得点を目指す

 第2問で出題される銀行勘定調整表・株主資本等変動計算書は出題のされ方がワンパターンで新範囲が絡む可能性も低いため高得点が狙える。一方、固定資産や有価証券はリース会計や税効果会計に関連した問題が出る可能性があるため高得点を狙うよりも解けないと分かった時点であきらめて別の問題に取り組むのが良い。また149回で出題された外貨建取引の問題は計算が複雑で時間がかかった。外貨建取引と分かった時点で後回しにして他の問題を解くという手もある。

 

③第1問と第3問は運(笑)!部分点を確実に取る

 第1問は仕訳を書くだけなので簡単に思えるかもしれない。しかし、この第1問には罠が多い。ちょっとした勘違いで2,3問落とすこともありうる。解ける問題で確実に得点することが重要だ。そして第3問は自分が勉強した範囲が出るように神に祈ろう。もっとも簡単な精算表ならラッキーだが、貸借対照表損益計算書だと少し複雑になる。本支店会計や連結がでたらパニックになるという人もいるかもしれない。そういう時は「取れる部分だけでも取ればいいや」という考え方でOKだ。第3問はパーフェクトを目指すより部分点を稼ぐことが重要である。

 

まとめ

 というわけで、日商簿記試験2級を合格したいなら受験時に次のようなことを心がけるといい。

  • 第4問と第5問の工業簿記で満点を目指す
  • 第2問で銀行勘定調整表・株主資本等変動計算書が出たら満点を目指す
  • 第2問で固定資産や有価証券が出て難しい問題が出たらあきらめて別の問題を解く
  • 第2問で外貨建取引など複雑な計算が絡む問題が出たら後回しにする
  • 第1問、第3問は運の要素が大きいので満点より部分点を狙おう

頭がごちゃごちゃしていた休日と叔母と母

 今日は一日中頭の中がごちゃごちゃしていた。理由は、休日ということもあって両親と叔母が家の中にいるということ、昨日母から法事の予定があると伝えられていたということなどが挙げられる。ということで、朝からゲームをしながら嫌々ながら行く法事が何時からなのかとゲームをしていたのだが、母から午後になって法事に行かなくて良いと伝えられ、せっかく外出しようと思ってたところを潰してまで家の中で待っていたのに…と自分の頭の中はさらにごちゃごちゃしたのだった。

 

 そしてゲームをしながら考えたのだが私は叔母の喋り方が苦手なのだと思った。叔母はもう60前後なのだが声が甲高くリアクションがでかい。この叔母と話すと必要以上に感情を動揺させられるので疲れるし、話すとなると無理やりテンションをあげなければならないので息苦しい。私は簡単に会話のON\OFFのスイッチを切り替えられるほど器用ではないのだ。

 

 そもそも頭がごちゃごちゃするのはADHD気質のせいなのだとほぼ確信しているのだが、今いる環境というのは、このADHD気質に関してあまり良いものではないと考えている。特に、時には心強い母のサポートというものがADHD関連に関してはあまり期待できない。おそらく母もADHD気質を持っているからなのだろうが、その質の部分が多弁な母と無口な自分では表面的な方向性が違いすぎているので互いに理解できない。

コミュニケーションが嫌いだった

若い頃、人と話すのが苦痛だった。それは、なぜ他人の話を聞かなければならないのかというのもあったし、自分の話を聞いてもだれも喜ばないだろうな、という喋ることへの苦手意識も根底にあった。だから友人たちからは浮いた存在だったと思う。

 

そのくせ寂しいという感情は人並みに持ち合わせていて、友達と呼べるような存在がいないと不安でしょうがなかった。孤独に対する焦燥感のは、子ども時代から感じていたのだが、「孤独が好きなのだ」と自分に言い聞かせることで、その感情に向き合ってこなかったのである。

 

最近はコミュニケーションが楽しいと感じるようになった。これは単に年を重ねて趣味嗜好が変化しただけでなく、うまく人の話を聞いたり話せるようになったからなのだと思う。コミュニケーションの技術が向上したことによって、会話という課題が全く手の届かない難問から、努力すれば何とか解けるような問題へ易化したということだ。

 

昔の自分は会話を本音の言い合いのようなものとして捉えている節があって、うわべだけの会話など無意味!などと考えていた。いま思い出しても恥ずかしい。会話には、内容があれば技術はいらないという根拠のない考えを持っていて、ろくでもないことを何度も他人に言ってしまった気がする。

 

そのころに比べれば今はずっと進歩したといえる。ただ、それでも同年代の平均的な会話スキルに比べて自分のそれはまだ一定の基準には達していない。これを改善するにはとにかく場数をこなすしかないと思うのだが、その場があまりない。

 

場を作るには自分から積極的に動いて場を見つけなければならないのだが、それが難しい。なんとか一歩を踏み出して、会話技術を向上させたいとは考えているのだが、さてどうしたものか。

筋トレ初めて2か月の感想

 今年の1月から、公共のジムで週5くらいの頻度で筋トレをやっているのでその感想を書く。

 

 昨年の初めくらいから体重が気になり始めずっとジムに行きたいと考えていたのだが、敷居が高いと感じてずっと行けずにいた。しかしYoutubeの動画を見てどんどん筋トレをしたいという欲求が高まり始めて近隣自治体運営のジムに行ったのが去年の12月。そして正月が明けた1月中盤あたりから継続的にジムに通うようになった。

 

 何に敷居の高さを感じていたかというと、やはり周囲の目やジムの雰囲気に不安を抱いていたからである。この点、実際に行ってみるとほとんど問題にならなかった。トレーニングをやっている人のほとんどは黙々とトレーニングに励んでおり、他人と交流することはまずないのでその手の煩わしさを感じることはないとわかった。

 

 しかし一方で、器具を占領したり、トレーニング用のベンチに物を置いたりするといったタイプの迷惑行為はよく見かける。そういう行為をしているのは、だいたいトレーニング経験が長いと思われる人たちで、仕事終わりの夕方ぐらいから多くなる。自分の世界に入り込んで周りに目がいかなくなる人は割といる。公営ジムには女性の姿が少ないが、こういったタイプの人たちが原因のひとつなのだと思う。

 

 ジムの環境に対して感じる大きな不満というのはそれぐらいで、あとは満足している。何よりこういった施設が100円で使用できるというのは驚くべきことだ。民間のジムであれば少なくとも月5,000円以上はかかるのだが、公営ならたとえ週3で言っても月1500円以内におさまる。その他、筋肉増大を目的とするならプロテインは必須なのだが、その費用も1回あたり100円に収まるので、たとえ月15回ほど行ったとしてもプロテイン代は1500円程度となる。つまり筋トレに懸かる費用はだいたい月3000円とほかの娯楽に比べてもかなり安いといえる。

 

 そういった点が私が今まで(といっても2か月程度だが)トレーニングを継続できている理由である。とにかく筋トレはコスパが良い。

筋トレ初心者の感想

 公営の体育館で筋トレをする。今日は上半身の日で、明日が下半身の日。やった種目は10を超える。

  • チェストプレス
  • ダンベル・ベンチプレス
  • ダンベルフライ
  • バーベル・アームカール
  • ダンベル・アームカール
  • ショルダープレス
  • サイドレイズ
  • ベントオーバーロウ
  • アップライトロウ
  • フレンチプレス
  • 腹筋

 

 ちょっと気になっているのがダンベル種目が多いことで、ジムのダンベルを占領してしまっている形になっているということ。といってもダンベルはすべての重りがペアになっているし、トレーニング用のベンチにしても使用しているのは3つあるうちのひとつなのでそこまで気にする必要はないのかもしれない。

 

 あといまだにBIG3にちゃんと取り組めてないのも気になり始めてきた。BIG3というのは、筋トレの中でもっとも有名なバーベルを使用する3つの種目のことを言う。その3つというのがスクワット、ベンチプレス、デッドリフトである。この3種目にいまだに取り組めていないのは、バーベルを使うということで落とした時のリスクが高いというのと、バーベルの使い方がいまいちわからないということが原因だった。ただバーベルの使い方については、実際にやっている人を観察することでなんとなくわかってきた。

 

 このうちスクワットは筋トレを初めて割と初期のころにやってみたのだけれど背中にバーを乗せるという行為がしっくりこなかったことでいったん辞めてしまったのだが次当たりチャレンジしてみたいと思う。デッドリフトは今日初めてバーだけでやってみてできそうだったので次回も引き続きチャレンジしたい。

 

 そしていまだにできていないのがベンチプレスである。ベンチプレスをこれまでやってこなかった理由はいくつかあって、まず単純にパワーラックを他の人に使われている時間が比較的長いということ、そしてケガをする可能性があって怖いということ、最後に重りなしでやることに関して人目が気になるということがあった。でも、もうそろそろやってみようと思っている。

ADHDによる本の延滞を防ぐために図書館がすべきこと

f:id:motsurima:20180913005102j:plain

 私はいくつかの本を読んだ結果、自分はADHDではないのかと疑うようになった。というのもADHDに特徴的にみられる症状が、私にいくつも当てはまるからだ。そのなかでも厄介なもののうちのひとつが「先送り癖」である。これは、いまやるべきこと、やったほうがいいことをやらないで、あとでやればいいやと考えてしまうことである。そう考えて先送りしたことは、数時間後や次の日にやれればいいのだが、実際に手を付けるのはずっと後になってしまう。これが「先送り癖」である。

 

 この「先送り癖」が原因で学生時代の私を困らせたのが、本の返却期限でについてである。返却期限になったらすぐ返せばよいのだが、少しぐらい遅れてもいいや、と思っているうちに1週間、1か月と時間がたってしまい、貸出禁止のペナルティを課せられることになる。こんなことが何度もあった。「先送り」が長引いてしまう最大の原因は、返却にあたって、学校司書などと対面しなければならないことである。学校司書というは延滞した本を返却するとき、だいたいの場合、怒る・説教するなどのネガティブな反応を示す。このネガティブな反応を嫌うために、なかなか本を返せないというのが、延滞期間が延びてしまう大きな原因となっていた。これは客観的に考えればおかしいことなのだが、そこを主観的に考えてしまうのがADHDの考え方の癖なのではないかと思う。

 

 だから高校時代までは、本を読むことは好きでも図書館という場所は好きになれなかった。それは図書館という場所には、ネガティブな反応を司書という存在とセットだと考えていたからである。大学生になってから、自動貸し出し機や返却ボックスのためにずっと楽になった。だけど、高校生以下で私と同じような理由で苦しんだ人、現に苦しんでいる人は多いのではないかと思う。そう思って今回のこの記事を書いたのだ。

 

 この問題を解決するための手法はシンプルで、延滞している本を返却するにあたって、怒られるような状況を作らないことである。たとえ延滞している本でも、普通の本と同じように返却するようなルールで運用する。もしくは一律で返却ボックスを使うように指示することが、私のような「先送り癖」のある延滞者のための最良の方法だと思う。

 

 大学の図書館で延滞した本を窓口で返却する人もいるが、受付はその際も余計なことは言わずに事務的に処理するのが肝要だと思う。加えて延滞したことを謝る人もいるが、その時もペナルティ期間などを淡々と伝えるだけで良いと思う。とにかく返却とネガティブな感情を関連付けさせないことを意識してほしい。

 

 延滞本の督促をする分に関しては全く構わないと思うが、「先送り」を助長してしまうようなシステムは除去した方が、僕のような「先送り癖」のあるADHDには有効だと思うし、図書館も延滞本を減らせて助かるのではないか。そう思ってこの記事を書いた。