テレビのニュースからどんどん遠ざかっている

日常的にテレビを見る習慣がなくなってだいぶ経つ。今、自分からテレビの電源をつけるのは週に1回あるかないか、というところである。ただ、家族が見ているときは自分もそれに合わせて見ている。

 

数日前も祖父が居間でテレビをつけてニュースを見だしたので、私も新聞を読みながら耳だけで聞いていた。そしたらNHKで例の虐待のニュースを流し始めた。

 

www.huffingtonpost.jp

 

聞いていて非常に不快な気持ちになった。それはもちろん、親の暴力や子供の惨状について不快ということもあるのだが、それ以上に「なんでこちらが心の準備が何もできていないのに、こんな重いニュースを受け止めなければならないのか」という気持ちの方が強かった。

 

そしてこのニュースを放送したNHKへの怒りも湧いた。なんでNHKはこのニュースをこんなに扇情的にとりあげるのか?もっと端的に事実だけを述べればいいのではないか?虐待児童の発言まで具体的に述べる必要があるのか?

 

NHKはニュースを何かはき違えているような印象を強く持った。

 

ネットであれば、記事の見出しを見て、読むか読まないか判断できる。タイトルの中に性的要素の強いキーワードや暴力的なキーワードがあったら読むのをやめればよい。しかしテレビのニュースはそうはいかない。だからテレビ番組、特にNHKのニュースは多くの人に開かれているべきなのに、NHKはそういう原則をまったく無視している。

 

そういうのは民放のニュースや、ワイドショーに任せれば良いのであって、NHKのニュースがワイドショー化する必要はまったくないのだ。

 

ただ一方で民放は民放でひどい。今朝たまたまテレビをつけたら最近亡くなった「紀州ドン・ファン」と呼ばれる人の、非常に低俗な噂に関するニュースが流れてた。くだらないと思ったので、チャンネルを変えたら、別のチャンネルも同じ内容を扱っていて心底うんざりした。本当に最悪だ。

 

だけどこのニュースがこんなに流れているのは、世間一般にとってそれだけニュースバリューがあるということなのだろう。だからズレているのは世間ではなく私の方なのであろう。

 

この原因がネットにあることは疑いようのないことだが、じゃあいまさらネットを捨てて世間に迎合できるかといったら、不可能なのでもう致し方ないのだと思う。

 

これからさらにテレビから遠ざかってしまうのだろう。

映画『MIRЯORS』にも良いシーンはある

 以前見た記憶がちょっとだけ残っていて、その時は良い印象をもっていたので今回も見たのだけど、だいぶ酷かった。

 

 内容としては鏡のなかにいるもう一人の自分が襲ってくるというもので、アイデア自体は悪くないのだが、ストーリーが壊滅的に面白くない。

 

 ジャンルとしては、最初はホラーなのかと思ったが、見終わってからミステリーとホラーの中間みたいなものが作りたかったのかな、と想像した。

 

  結果的にホラーとしてもミステリーとしても中途半端な映画ができてしまったという印象を持った。

 

 ミステリーに関して、心霊現象の原因が分かってもなんの感情もわかなかった。またホラーとしては緊迫感が欠けていた。この手のタイプのホラーは、特定の施設に閉じ込められることが多いが、この映画はけっこう施設とその外を行き来するので、まったく追い込まれているという気にならない。そこに問題があったのだと思う。

 

 方向性としてはジャパニーズホラーの『リング』のようなものを目指していたのかもしれない。ただ、ストーリーも演出もまったく『リング』の水準には届いていなかった。

 

久々にクソ映画と呼べるようなものを見て疲れた。ただアンナの実家のシーンや、修道院のシーンは割と良かったので、クソ映画でも見るべき部分があるということは再確認できた。そこが一番大きいと思った。

 

 

パソコン購入の下調べで得られた知見

f:id:motsurima:20161211213027j:plain

これまでパソコンのスペックにこだわったことはありませんでした。


新しいノートパソコンを購入しようと考え、いろいろなサイトを見て得られた知見について書いていこうと思う。

用途

新しく購入するパソコンで想定している使い方は以下の通り。

  • steamのゲームをプレイしたい。
  • adobeソフトが使えるようになりたい。

パソコンのスペックについて分かったこと

CPU

  • CeleronCore i3Core i5Core i7などがある。
  • 性能はCore i7>Core i5>Core i3>Celeronの順番となっている。
  • また後に続く4桁の数字の最初の桁が、CPUの世代を表していて、現在(2018/3/26)では第8世代の8XXXが一番新しい。
  • 一般的に新しい世代のものほど高性能である。

メモリ

  • 4GB,8GB、16GBなどがある。
  • 一般的に数字が大きいほど高性能である。
  • メモリを複数挿入できるパソコンも存在する。
  • 2スロットのパソコンの場合、同じメモリ2枚のほうが効率が良い。
  • そのため12GB(8GB+4GB)のパソコンは見つけられなかった。

ストレージ

  • SSDとHDDがあるが、SSDのほうが高価である。
  • SSDは読み込みが早く、騒音も小さい。
  • SSDとHDDを両方搭載したパソコンもある。

グラフィックボード

  • ゲームをプレイするには高性能のものが必須である。
  • もっとも有名なのがGeForce GTX シリーズで今は1050以上が主流。

希望するスペック

以上のようなことから分かった自分が希望するパソコンのスペックは以下の通り。

CPU:Core i7の第7世代(7XXX)か第8世代(8XXX)。

メモリ:8GB or 16GB。8GBの場合、2スロットであること。

ストレージ:SSD128GB以上+HDD1TB以上

グラボ:GeForce GTX 1050以上

結論

以上の条件をすべて満たすノートパソコンが欲しいと思っていた。ただ、拡張性を考えるとノートパソコンよりもデスクトップパソコンのほうが適していることが分かった。また、価格としては少なくとも10万円は必要であることも分かった。次回は具体的に検討したパソコンのメーカーや商品について書いていこうと思う。

 

良い映画の基準

 

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]

 

 

 『トゥモロー・ワールド』という映画をパソコンについているDVDで見たらめちゃくちゃ面白かった。

 

見る前はパソコンで映画を見ることに不安を感じていたのだけど、それが杞憂に終わって本当によかったと思う。

 

パソコンで映画を見ることの何が嫌かって、インターネットに浮気してしまうことだ。

 

つまらない映画、展開が遅い映画だと、私の場合すぐインターネットにつないで

ネットサーフィンをしてしまうのでパソコンは映画を見る環境としてはあまり適していない。

 

だけど今回は映画の面白さの方が、インターネットの誘惑に打ち勝ったので、浮気をすることなく映画を見られた。

 

これって映画の良し悪しを測る一つの基準になると思う。

 

つまりインターネットにすぐつなげられる環境で映画を見て、一気見出来たらその映画は良い映画。一気見出来なければ、その映画は悪い映画。ということがとりあえず言えるのではないか。

 

トゥモロー・ワールド』という映画の何が良かったかというと、この映画展開がめちゃくちゃ早いのだ。

 

普通の映画だったら、例えば主人公が親しい友人の死に直面したら、その感情を主人公に表明させ、観客の共感を誘うが、この映画の場合、観客が十分に感情移入する前に物語が展開していく。私はそこが面白いと思った。

 

マンガで言えば浦沢直樹の描く作品みたいなもので浦沢の映画をうまく映画化したら『トゥモロー・ワールド』に近づけると思った。

 

 

理容店のマッサージの上手さ、個人差ありすぎ問題

f:id:motsurima:20161214012420j:plain

金がないし、自分の見た目を気にするタイプでもないので

いつもチェーンの理容店に行って髪を切っている。

 

こういう店を利用するメリットは、

第一に料金が安いということだ。

 

そして店員がアグレッシブに話しかけてこな

という点も自分に合っている。

 

ただもちろんデメリットもあって、そのうち一番大きいのが

マッサージの腕に個人差があるということだ。

 

うまい人はその場で眠たくなってしまうほど気持ちいい。

ただ下手な人がやるとメチャクチャ痛い時や、

逆に弱すぎて何の意味もないと感じる時がある。

 

最初に書いた通り、自分は見た目をあまり気にしないので、

マッサージのうまい人を指名できるようなシステムを

作ってほしいと前から思っている。

捕鯨論争についてのメモ

韓国人のすべてが犬の肉を食べるわけではないように

日本人のすべてが鯨の肉を食べるわけではない。

 

japanese.joins.com

 

鯨の肉を食べることが日本文化であるという断定は

クジラ肉を食べない日本人を不快にさせる。

 

だから捕鯨問題の賛成派も反対派も

捕鯨・鯨食は日本文化」という

ステレオタイプを取り外す必要があると思う。

 

賛成するにしても反対するにしても

ローカルな文化としての捕鯨という前提

で話すことが重要だ。

男の自分が『おそ松さん』を見た感想

 おそ松さんを某動画サイトでちょっとだけ見てみたけど、兄弟同士のけんかなどの暴力描写がリアルすぎて自分にはキツかった。女性はファンタジーとして割り切れているのかもしれない。だけど自分には痛みが直に伝わってきて不快だった。

 

 たいていのアニメの暴力的なシーンは抵抗なく見られる。それはなぜかというと、登場人物の負うダメージが自分とは全く関係のないものだという前提があるからだ。一方、おそ松さんは、痛みをリアルに感じさせる方向で演出しているように感じた。

 

 自分はそういった演出を受け入れることはできないが、腐女子と呼ばれる人たちにはウケがいいのかもしれない。男性の中に私のようなタイプが一定数いるなら、『おそ松さん』が男性に受け入れられる可能性は、腐女子が考えるよりもずっと低いと思う。

 

 何が言いたいのかというと、『おそ松さん』は腐女子向けアニメだから男性に人気が出ないというよりも、男性への配慮が無さすぎるから男性人気が出ないのだと思った。