読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『革命前夜』

映画

 ひさしぶりにヨーロッパの古い映画を見る。

『革命前夜』監督はベルトルッチ

 

革命前夜  <HDリマスター版> [DVD]

革命前夜 <HDリマスター版> [DVD]

 

 以前、『暗殺の森』を見て気に入ったので、期待して見た。結果から言うとダメだった。個人的な体験をベースにしているそうで、なるほど物語性は薄い。物語が把握しにくい映画でも映像的におもしろい部分があれば、問題ないのだけれど、『革命前夜』は映像的にも『暗殺の森』に比べてすぐれた作品とは言えない。劇中に映画内映画としてゴダールの『女は女である』が登場する。ベルトルッチゴダールのような映画が作りたかったのかもしれない。あるいはパゾリーニのような映画に憧れていたのかもしれない。ただ残念なことにベルトルッチには、詩的な映像を作る才能がなかったのである。