読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンと進化論

ポケモンは無印しかやったことがない。

プレイしたのは緑か赤だったと思う。

 

そういえば昔ポケモンがアメリカに進出したときに

進化概念と宗教との対立が問題になった。

 

ただ、無印における進化というのは、ほとんどが生物学的に

変態と呼ばれるもので、厳密な意味での進化ではない。

それはキャタピートランセル、バタフライという進化の

過程に象徴的に現れている。

 

微妙なのが、イーブイから、サンダーズ、シャワーズイーブイ

という進化と、ミュウからミュウツーという進化。

 

前者は、進化の石を使って進化するのだが、進化が分岐している点が

ほかのポケモンとは違うところ。

これは進化論における自然選択や適応という概念を想起させる。

 

後者は、ミュウの遺伝子操作によって生まれたのがミュウツー

だということ。そしてミュウツーは言葉が話せるが、ミュウは

離せない。それはちょうどサルと人間との関係に似ているとも

言えなくはないので、キリスト教的にはNGかもしれない。

 

以上のような例外はあるが、無印というのは基本的に

「進化」をキーワードとしてを利用しただけで、

生物学的な進化、ダーウィニズムにおける進化とは

ほとんど無縁だったと言える。

 

最近の発売されたポケモンX・Yの情報を見ると

個体値とか遺伝とか、進化論に近い概念が頻出していて驚く。

 

実際にプレイしたわけではないので、滅多なことはいえない。

最新作においてポケモンは進化論に近付いたんじゃないか

というのが私の印象である。