読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖い話が怖くなくなった

少し前まで、まとめサイトの怖い話をむさぼるように

読んでいたのだけれど、最近はあまり読まなくなった。

たぶん一番読んでたのは哲学ニュースだと思う。

 

ホラー映画やドラマに恐怖を感じなくなったのは

ずっと昔のことだけど、文章ベースの怖い話は

ホラー映画を見なくなってからも、ずっと読んでいた。

 

「コトリバコ」とか「くねくね」とか、ネット上で

それなりに知名度のある話には、読者を怖がらせる

相応のしかけがあった。

 

最近まとめサイトで見かける怖い話を読んでも、

「コトリバコ」や「くねくね」を読んだとき

ほど恐怖を感じない。

 

一番の原因は実話テイストを重視しすぎていることだ。

幽霊が現れるにしても気配を感じたとか、音が聞こえたとか

リアリティはあるのだけれど、怖くない。

 

それに、自分をいじめていた誰かに復讐したといった話や

子供のころ経験した不思議なことも今となっては懐かしい

みたいな話も怖い話のなかに含まれるようになった。

 

最近はそういった話が好きな人が多いのだろう。

リアリティや自分にとっての身近さが重要で

手の込んだ構成というのは必要とされていないのかもしれない。