読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大嫌いなあべりょうの動画を強制的に見せられる苦痛

f:id:motsurima:20170509234748j:plain

本当にムカムカする。

 

この歌手の名前をブログに書くことは、その歌手の動画の再生数をアップさせることに繋がる可能性があるので、本当は書きたくないのだが、今日はあえて名前を出そうと思う。

 

その歌手の名前はあべりょうだ。

 

なぜ嫌いなのか

この人の曲は絶対に聞きたくない。それくらい不快に感じる。何が不快かというと、政治的な内容を、オブラートに包まず、美しい言葉で飾ることもせず、馬鹿の一つ覚えみたいに、直接的かつグロテスクに歌うからだ。これはイデオロギーがどうという問題ではない。芸の無さ、歌の下手さを、その時々に流行している言葉を並べ立てることでごまかそうとしている点が、ただただ醜いのだ。

 

見たくないのに…

ここまで書いてきて、「そんなに嫌なら曲を聴かなきゃいいだけだろ」と思う人もいるかもしれなが、それが難しいからこうやってブログで書いているのである。というのも、なんとこの歌手の曲、Youtubeの広告としてながれるのである。もう、たまったもんじゃない。

 

その点は多くの人たちが共有しているみたいで、Youtubeの公式チャンネル内の動画のコメント欄も似たようなことを書いている。つまり「動画を投稿するのは自由だけど、広告として掲載するのは止めろ」ということ。

 Youtubeのシステムにも問題がある

今のYoutube広告はほとんどが、5秒間、視聴者に強制的に広告を見させるようなシステムになっている。それゆえ彼の幼稚で煽情的な曲の一部を無理やり聞かせられることになる。見るものにショックを与えるような言葉が、その5秒の間に必ず挿入されているのだが、目的の動画をみるためには、じっと耐えるほかない。つまり、フジテレビ的な『聞きたくなきゃ聞かなければ良いじゃない!』が全く通用しないのである。

 

なぜ、彼のような一般的にはそれほど名前が知られていないような(少なくとも私や私の家族がまったく知らない)歌手の曲が、Youtubeの広告として採用されているのかは謎だが、とにかくYoutube側に広告費をきっちり払っているからこそ、ここまで大規模な広告が打てるのであろう。

 

つまり金さえ払えば、ユーザーに不快なものでさえ見せられるようなシステムYoutube内にあって、彼はそれを単に利用しているユーザーのひとりに過ぎない。ただ彼の動画は、その中で群を抜いて不快なだけである。

 改善を求む

ニコニコ広告よるランキング操作もそうだけど、たいていの人が不快だと思うような動画を、カネ次第で、不特定多数に拡散できるようなシステムをどうにかなりませんか?もしくはそれを是正するような制度を導入しませんか?NGが一定数に達した段階で、広告の配信を一旦停止して、広告主側に改善を求めるとか、いくらでも方法はあるでしょう。

 

それもしないで今後もあべりょうの動画を見せ続けるというのなら、それは運営の怠慢と言わざるを得ないのではないか。

 

もう二度とあべりょうの歌を聴きたくない。見たくない。