読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年第67回紅白歌合戦レビュー MVPはRADWIMPS 予想外の収穫は乃木坂46

f:id:motsurima:20161204194023j:plain2016年の第67回紅白歌合戦に出ていた歌手の曲を評価してみた。

PVとかライブの映像を見て出来を予想したのがこちら。
2016年紅白の曲の中で聞いたことが無い曲を聞いてみた-桐谷健太、五木ひろし、AI、AAA、miwa、E-girls - ドリップ式映画・資格日記

2016年紅白の曲の中で聞いたことが無い曲を聞いてみた-Sexy Zone、市川由紀乃、RADIO FISH、西野カナ 、SEKAI NO OWARI、水森かおり - ドリップ式映画・資格日記

【2016紅白】聞いたことが無い曲を聞いてみた - ドリップ式映画・資格日記

2016年紅白レビュー

※残念ながら関ジャニPUFFYを見逃した。

襷坂46
口パクか本当に歌っているのか分からない歌い方。PVを見た後だと驚きが無い。

三山ひろし
大谷見たいな顔してた。けん玉パフォーマンスの必要性が分からない。

山内恵介
けん玉パフォーマンスのあとだと、乃木坂が踊っているだけでも大分マシに見える。

miwa
必死に歌っているところが良かったのに、なんだかニコニコしてていつも通りという感じ。

セクシーゾーン
安定していたけど、それ以上のものはなかった。

天童よしみ
パフォーマンスとして良かった。

セカイノオワリ
PVに近い演出のわりにはよかった。曲は地味すぎ。

市川由紀乃
歌詞が分かりやすい。

三代目
パフォーマンスとしては派手で良かった。曲は意味不明。

香西かおり
真田丸と結びつける必要はない。バイオリンは良いのに。曲がスローテンポすぎて、歌えていない。橋本マナミが邪魔、

椎名林檎
色んな力が働いていそう。もっと普通に盛り上がれる曲をもっと普通の場所で歌って欲しかった。

福田こうへい
相変わらず用心棒顔。声が出てる。

絢香
スモークの量、失敗した?今さら感。

郷ひろみ
郷ひろみを目立たせたいのか、土屋太凰を目立たせたいのか、良く分からない。

V6
出演した理由がよく分からない

水森かおり
豪華な衣装があまりあっていない。

いきものがかり
なぜこの曲?とは思うが、割りと良かった。茶髪の髪の毛がヅラにみえる。

ゆず
この曲調でこの曲を歌わなきゃなら無い理由がない。

RADWINPS
特別なことをしなくても盛り上がるね。

乃木坂
かわいい子の顔をアップで撮る方向性が成功してた。曲とかダンスにこだわってなくて良かった。

福山雅治
特に何も無かった

島津亜矢
歌唱力凄い。でも清々しく歌いすぎな気もする。

RADIOFISH
バカらしくて良かった。

西野カナ
歌唱力はあるけど、やっぱり過去のものと比較して曲のインパクトが弱い。

桐谷健太
泣かせるために作りました。そういう制作意図が透けて見える。

AI
同上。ひどい歌詞。

AKB48
好きな人は盛り上がれるんだろうな。

五木ひろし
定番という感じ。

KinKi Kids
良い曲なのに歌がイマイチ。特に光一が酷いが剛も良くはない。

Perfume
目に優しくないけど、パフォーマンスと演出は合ってたと思う。

星野源
ダンサーが良すぎて本人がちょっと霞んでた感じが…

大竹しのぶ
ある種のパフォーマンスつきだったから、予想していたよりも大分良かった。

坂本冬美
橋本マナミより良かったけど、あまり印象に残らない演出だった。

TOKIO
椎名林檎と比べて、手を抜きすぎじゃ…

松田聖子
無難。

XJAPAN
高音がキツい。

高橋真梨子
意味深な歌詞。歌唱力が半端じゃない。

THE YELLOW MONKEY
うーん、ちょっとソフトに歌い過ぎな感じが。声って衰えるんだなぁということを改めて痛感させられた。

氷川きよし
面白くない曲だなあ。最後は盛り上がったけど。


宇多田ヒカル
これなら録画したものでも構わないのでは。

石川さゆり
Youtubeで気軽に過去の映像が見られるのでそれとの比較になってしまうのがキツイ。


最後にメドレーって…。

総評

 今回の紅白全体を振り返ってみる。まず司会が良くなかった。有村架純は台本に書いてあることをそのまま喋っているようで、自然なコメントができてなかったし、相葉も進行に気を取られすぎてうまく会話出来ていなかったように見えた。特に前半がダメだったが、後半になってから緊張が解けたのか徐々に良くなっていった。

 つぎにパフォーマンスについては、似たような演出が多かったと思う。特に歌手と女性ダンサーという組み合わせが多かったけれど、上手くハマっていたものはなかったし、もっと違った演出が見たかった。また椎名林檎TOKIOが両方とも都庁を舞台にしていたが、どちらかというとTOKIOの方が手抜き感が強かった。

 個人的に注目していたのは、椎名林檎THE YELLOW MONKEYだったが、どちらも選曲ミスだったとおもう。詳しくは以下のエントリを参照してほしい。
紅白でイエモンに歌ってほしいけど、諸々の事情でたぶん無理な曲BEST5 - ドリップ式映画・資格日記
2016年の紅白で聞きたい椎名林檎の曲5選 - ドリップ式映画・資格日記

 
 今回個人的にMVPだと思ったのはRADWIMPSである。演出こそバックスクリーンに『君の名は』のアニメを映し出すという淡白なものだったが、曲自体に勢いがあったのでそのままで十分だった。

 そして自分が予想していたよりもずっと良かったのは乃木坂46で、演出では今年の紅白ベストだったと思う。歌をいかに聞かせるか、ダンスをいかに美しく見せるかといった執着は全くなく、メンバーの顔をいかに美しく見せるかということにエネルギーを注ぎ込んだという点は英断としか言えない。そして、それは見事成功していた。

2016年の紅白。私の結論

 全体としては、イマイチな紅白だったと思う。イエモンとかX-JAPANは、今年ヒットした歌手を押しのけて出場した割には、歌唱力に難があって盛り上がらなかった。来年からは、多少知名度が足りなくてもその年の旬の歌手を読んでほしい。そういえばフリースタイルラップとか盛り上がっているわりに、紅白には全然出てなかった。ピコ太郎とか渡辺直美といったお笑い芸人中心の紅白だったと思う。その割にみんな滑っていたがが、それはあの場が半分以上悪いのであって、芸人自信ではどうしようもないことなので、ちょっとかわいそうだと思った。アーティスト以外で一番良かったのはぺこ&りゅうちぇるだったと思う。