読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを盗用して、はてなからの警告を無視するとどうなるか

 前回の記事(記事の盗用を見つけたので、はてなに削除依頼をしてみた)で書いた通り、盗用と思われる記事を見つけたので、はてなに削除依頼を出しました。その結果、対象の記事は非公開になり、無事目的を遂げることができました。

ブログ全体の非公開。なぜ。。。

 しかし、この一件について気になったことがひとつあったのです。それは私がはてなに対して削除依頼した記事だけではなく、それ以外の全ての記事、つまりブログ全体が非公開になったことです。

 これは私にとって全く予想外の結果でした。つまり盗用のペナルティーとして想定していたのは、該当記事のみの削除あるいは非公開であって、その対象が該当記事以外に及ぶことは想定していなかったのです。

 

はてなに質問のメールを送る

 そこで盗用に対応してもらっておいて不躾とは思いましたが、再度、はてなに対してメールを送り、以下の疑問点に対して答えていただくことにしました。

  1. ブログが非公開になっているのははてなによるものか、それともブログ運営者の自主的な行動か
  2. なぜ、このような(違反行為と比較して)比較的重いと思われる措置を行うのか

はてなからの回答

 この点、次のような解答をはてなサポート窓口法務関連担当の方からいただきました。テンプレ的な文章だと思うので、そのまま掲載します。

現在、プロバイダ責任制限法に基づき情報送信防止措置を行う際は、対象となっている記事のみではなく、ブログ全体の非表示化により対応を行います。

  つまり、はてなのブログ全体の非表示という対応はプロバイダ責任制限法という法律に基づいた正当な行為である、という主張らしいです。(詳しく知りたい方は「プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト」へ」)

ブログ全体を非表示にする理由

 そしてこのような対応をする理由として次の2点が述べられていました。

①ブログ全体を著作物と考えた際、その一部を断りなく削除、あるいは非公開とすることが著作物の同一性を損ねる(改竄に相当する)という可能性がある
②記事を一部非公開としても、ブログに新規投稿ができるため、非表示になった記事を新たに投稿し直すなど「いたちごっこ」となることを防げない

  ①は、特定の記事を削除あるいは非公開とすることは、それを改ざんすることを同じであり、例えブログサービスを提供する立場であっても許されないということらしいです。②は、盗用された疑いのある記事をいちいち検証し、対応したらきりがない、ということのように読み取れます。

 私が予想するには、はてなの本心としてはすべての記事にいちいち対応するのが面倒だ、ということのように思えます。ただ、それではあまりに体裁が悪いので①の理由を付け加えているのだと、私は思いました。

 加えて、特定の記事を非公開にすることで、政治的意図があると深読みされることを防ぐ目的もあるのかもしれません。まぁ、そうとはさすがに書けないですよね。

結論、一部の記事の盗用でブログ全体が非公開になる!

 理由をあれこれ類推しても仕方ないのかもしれません。とにかく、記事の盗用によってブログ全体が非公開になる可能性がある、とだけ覚えておきましょう。自分も今回の一件で引用の仕方についてはいろいろ学べたので、それを実践していきたいと思います。

ただし救済措置はある!

 とは言っても、はてなも鬼ではないので、救済措置はいくつもあるようです。今回のブログ非公開という対応も、相手側がはてなからの警告を1週間無視した結果、とられたものです。つまり、私のような立場の人間は、何もできずに1週間の間見守るしかないということ。これは考えようによっては、非常に甘い対応とも言えます。

 また非公開にされた場合でも、おそらく該当の記事を削除し、はてな側がそれを認識すれば、非公開は解除されるようです。現に問題の「iPhone最新情報」もすでに復活しています。

iPhone最新情報

ブログを書く側がなすべきこと

 つまり我々ブログを書く立場の人間が気を付けるべきことは以下の3点になります。

  1.  盗用をしないことはもちろん、正しい引用の仕方を学んで実践する
  2. はてなからの警告メールに注意し、メールが来たら記事の削除などの対応を期限内に行う
  3. ブログが非公開になったら、すぐにはてなにメールを送りって指示された対応を行う

最後に

 いろいろ問題はありましたが、記事削除が行われた今となっては、iPhone最新情報」の運営者様に対して、特別な感情は何も持っておりません。私もはてなの運営と同じ気持ちなので、他の記事について盗用があるかどうかは確認していません。ただ絶対に無いと信じるのみです。このブログを読んだ方も、気になさらずに、「iPhone最新情報」さんを利用していただいて問題ないと思います。では。。。

iphone-news.hatenablog.jp

※(追記)

なお、前回の記事記事の盗用を見つけたので、はてなに削除依頼をしてみた)については、多くの人に役立ててほしいので、問題が無い限り、このまま残す方針です。

motsurima.hatenablog.com

 

一流の人は上手にパクる――仕事のアイデアがわいてくる大人のカンニング

一流の人は上手にパクる――仕事のアイデアがわいてくる大人のカンニング