読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすれば面白いブログに出会えるのか

雑記

 ほとんどの場合、はてなブックマークの総合ページから、面白そうなサイトを選んで閲覧している。つまり私が見るのは既に他の誰かがブックマークをした記事ばかりで、ある程度の記事の内容が保証されているということだ。

 

 ではブックマークのついていない記事はつまらない記事ばかりなのか。

 いや、そんなことは無いだろう。

 

 そう思って、今日は新着エントリーの中から自分のお気に入りのページを見つけようと思ったがダメだった。

 はてなブログには、自分が思っていたよりも多くの広告関連の記事が存在している。そして、たまにブログを開いてみても記事数が一つぐらいしか無かったり、ブログ開設から1か月未満だったりする。つまり新着エントリーは、自分にとっての「ゴミ記事」で満たされている。

 私にとっての「ゴミ記事」が何を意味するのかというと、実はそんなに大層なものではない。日常の生活や感じたこと、考えたことを素直に書いてある記事でさえあれば、それはゴミ記事ではなく、良記事である。たとえ、それが著しく自分の価値観とずれていたとしても、それはそれで面白いものだ。

 問題は、宣伝のため、あからさまなPV稼ぎのために書かれた記事で、今のはてなブログではこれ(ゴミ記事)が大多数を占めている。どうしてはてながこんな惨憺たる状況になったのかというと、それはやはりアフィリエイトアドセンスを使いやすくし、またSEO対策にも力を入れた結果だろうけど、それが私個人にとっては好ましくない方向に作用しているのだろう。

 昔は(今でも)はてなは、はてな村とか言われたものだけれど、今はさながら、はてな市場とかはてな見本市とかいった状況だ。こちらは何も買う気がなく、見ているだけで満足なのに、無理やり営業をかけられて購入を勧められる感覚。新着ダイアリーを眺めているとそんな感じに辟易する。

 はてなはゴミ溜め、夢の島だ。そう断言することもできるけど、自分もここでブログを書いている人間であり、ここしかないと思っているので、とりあえず自分が納得するまで記事探しを続けてみる。

 

 ということで、今日のマイブログ記事大賞はこれ。

edogawamy.hatenablog.com