読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒論の件

 私の卒論の中には引用や参考文献として書き洩らしたものがいくつかあって、そのことが卒業判定に響くのではないかと内心びくびくしていた。卒業判定が終わって、卒論が無事受理されたことが分かった後は、その不安が後悔に変わった。

 今回の小保方さんの論文の件がメディアに出るたびに、卒論に対する後悔の気持ちが何度も再現される。締め切りまで時間がなかったのは確かだけれど、なぜもう一度その文献を確かめて書き足すことができなかったのかと考えると、悔やんでも悔やみきれない。