読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猪瀬問題

  正直なところ、徳州会献金問題の何が問題なのか、というところを自分はつかみかねている。というのも、徳州会という組織について具体的なイメージがわかないからである。政治に影響力を持つ権利団体ということは確かなのだろうが、実際どのような主義主張があるのだろうか。そういうのがマスメディアの報道からは見えてこない。

 一方で、猪瀬知事の対応には興味深いものがある。普段人を追い詰める側、厳しいコメントを加える側が、逆に立場に回ったときどういう対応をするのか。猪瀬氏の対応は、しどろもどろで、完全に何か後ろめたいこと、隠したいことがるように見えてしまう。普段の姿とは対照的だ。批判するプロでも、批判される側に回ると意外に冷静な対応ができないものなのであろう。