読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー派

友人はサッカーのほうが、野球よりリア充っぽいといって嫌っている。だけど、そもそもスポーツにそこまで関心のない人間からみれば、野球もサッカーと同様に、十分にリア充っぽい。

 

野球ファンは一般的にサッカーファンに対して劣等感を持っている。サッカーファンは野球ファンに対して、優越感を持っているのかもしれない。しかし、それを表には出さないことで、寛容なサッカーファンという印象をあたえる戦略をとっている。そのことが野球ファンをやきもきさせているんだろう。

 

スポーツは見るもの、という立場の私が好きなのはサッカーだ。野球は休憩があまりに多くて、エンターテイメント性に欠ける。もちろんテレビで見ることを前提にしているから、実際自分の目で観戦すれば、意見は変わるのかもしれない。少なくともテレビで見る限りは、サッカーのほうが断然面白い。

 

野球は攻守交替に時間がかかる。また守備側は実際に打球が来るまでの間、死んでいるのに等しい。もちろん内野手や外野手は、守備の時に、実際にボールが来た時に備えて、心身の準備をしたり、あるいはシフトを敷くことで、打者の精神状態に影響を与えているのかもしれない。ただそれはあまりにも静的で、見ていてまったく興奮しない。観戦スポーツとしての野球は「死の時間」があまりにも多すぎるのである。

 

対してサッカーの「死の時間」は、野球以外のスポーツと比べても非常に少ない。サッカー選手たちは、自分がボールを持っていない場合でも、激しく動き回り、とりうる選択肢を一つでも増やすように努力する。サッカーは「選択肢」のスポーツだ。攻撃面では相手の想定していない選択肢をとること、守備面では相手の選択肢に対応した動きをすることで優位に試合運びを進めることができる。こういったシステム的な発想が、野球にはない。

 

プロスポーツとしての魅力はよくわからないけど、競技それ自体の面白さという観点からすれば、サッカーのほうが断然面白いってことに異論はないんじゃないかなぁ。