読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国おもしろい

旭日旗禁止法』がどこまで本気なのか、

ってことはわからないけど、「法って何なの?」

ってことを考える上で、韓国っていう国は非常に興味深い。

というか、勉強になる。

 

「国民情緒法」とかネットニュース(j-castだったかな?)では

揶揄されているけど、共同体に属するメンバー情緒こそが

法を作るうえで、決定的に重要なのだということを韓国

の法成立過程は教えてくれる。

 

法治国家とか人権主義だとか言ってるけど、自分たちのグループ

のメンバーを不快にさせた対象、秩序を乱した人・モノを排除

したいという欲望が、法の一番の根底にはある。

 

日本では近代化によって西洋から流入した人権思想、あるいは

第二次世界大戦後に隆盛を極めた左翼思想が、そういった情緒の

法定化に歯止めをかけてきたし、いまも一定の力をもっている

のだろうけど、それが無ければ韓国となんら変わらないのかもしれない。

 

情緒と法制度が未分であるような状況が、韓国レベルにまで達したら、

困ることがいろいろある気がする。しかし隣国にそういう国が存在する

ということは法をは何かを考える上で刺激になる。

 

旭日旗禁止法』は実際に法として成立させてみたら、韓国の国内外

(日本も含めて)がどういう反応を示すかっていうことは、ちょっと

観察してみたい気がする。