改定後の日商簿記試験2級 問題別の受験テクニック・心構え

先日、日商簿記2級に合格したので、問題別の受験テクニックについて多くの人の役立つよう書いていきたい。 初めに、最近の日商簿記試験2級の傾向について話す。結論から言えば、日商簿記試験2級は以前より難しくなった。日商簿記試験の合格率は以下の通り。 …

頭がごちゃごちゃしていた休日と叔母と母

今日は一日中頭の中がごちゃごちゃしていた。理由は、休日ということもあって両親と叔母が家の中にいるということ、昨日母から法事の予定があると伝えられていたということなどが挙げられる。ということで、朝からゲームをしながら嫌々ながら行く法事が何時…

コミュニケーションが嫌いだった

若い頃、人と話すのが苦痛だった。それは、なぜ他人の話を聞かなければならないのかというのもあったし、自分の話を聞いてもだれも喜ばないだろうな、という喋ることへの苦手意識も根底にあった。だから友人たちからは浮いた存在だったと思う。 そのくせ寂し…

筋トレ初めて2か月の感想

今年の1月から、公共のジムで週5くらいの頻度で筋トレをやっているのでその感想を書く。 昨年の初めくらいから体重が気になり始めずっとジムに行きたいと考えていたのだが、敷居が高いと感じてずっと行けずにいた。しかしYoutubeの動画を見てどんどん筋ト…

筋トレ初心者の感想

公営の体育館で筋トレをする。今日は上半身の日で、明日が下半身の日。やった種目は10を超える。 チェストプレス ダンベル・ベンチプレス ダンベルフライ バーベル・アームカール ダンベル・アームカール ショルダープレス サイドレイズ ベントオーバーロウ …

【女性編】年末恒例!2018紅白歌合戦 出場歌手・曲レビュー 

というわけで、2018年12月31日にNHKで放送される紅白歌合戦に出場する歌手・曲のレビューを書いていきたいと思います。今回は紅組で、次回白組をやります。

ADHDによる本の延滞を防ぐために図書館がすべきこと

私はいくつかの本を読んだ結果、自分はADHDではないのかと疑うようになった。というのもADHDに特徴的にみられる症状が、私にいくつも当てはまるからだ。そのなかでも厄介なもののうちのひとつが「先送り癖」である。これは、いまやるべきこと、やったほうが…

『銀魂』が嫌いな理由を書くには良い時期だと思ったので

最近、実写化されて好評だという『銀魂』は、僕にとっては10年以上ずっと微妙な作品だ。ぶっちゃけて言うと、あまり面白いと思ったことがない。それは週刊少年ジャンプに連載を始めてから一貫してそうで、もっと他に読むべき作品があるだろと常々思ってきた…

テレビのニュースからどんどん遠ざかっている

日常的にテレビを見る習慣がなくなってだいぶ経つ。今、自分からテレビの電源をつけるのは週に1回あるかないか、というところである。ただ、家族が見ているときは自分もそれに合わせて見ている。 数日前も祖父が居間でテレビをつけてニュースを見だしたので…

映画『MIRЯORS』にも良いシーンはある

以前見た記憶がちょっとだけ残っていて、その時は良い印象をもっていたので今回も見たのだけど、だいぶ酷かった。 内容としては鏡のなかにいるもう一人の自分が襲ってくるというもので、アイデア自体は悪くないのだが、ストーリーが壊滅的に面白くない。 ジ…

パソコン購入の下調べで得られた知見

これまでパソコンのスペックにこだわったことはありませんでした。 新しいノートパソコンを購入しようと考え、いろいろなサイトを見て得られた知見について書いていこうと思う。 用途 新しく購入するパソコンで想定している使い方は以下の通り。 steamのゲー…

良い映画の基準

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2007/03/21 メディア: DVD 購入: 4人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (289件) を見る 『トゥモロー・ワールド』という映画をパソコンについているD…

理容店のマッサージの上手さ、個人差ありすぎ問題

金がないし、自分の見た目を気にするタイプでもないので いつもチェーンの理容店に行って髪を切っている。 こういう店を利用するメリットは、 第一に料金が安いということだ。 そして店員がアグレッシブに話しかけてこな という点も自分に合っている。 ただ…

捕鯨論争についてのメモ

韓国人のすべてが犬の肉を食べるわけではないように 日本人のすべてが鯨の肉を食べるわけではない。 japanese.joins.com 鯨の肉を食べることが日本文化であるという断定は クジラ肉を食べない日本人を不快にさせる。 だから捕鯨問題の賛成派も反対派も 「捕…

男の自分が『おそ松さん』を見た感想

おそ松さんを某動画サイトでちょっとだけ見てみたけど、兄弟同士のけんかなどの暴力描写がリアルすぎて自分にはキツかった。女性はファンタジーとして割り切れているのかもしれない。だけど自分には痛みが直に伝わってきて不快だった。 たいていのアニメの暴…

2017年の紅白を見なかった理由(ちょっと見たけど)

昨年、一昨年と紅白歌合戦を見て、このブログで曲のレビューみたいなことを書いてたけど今年は、それ、やらなかったよ。 パソコンでゲームをやってたら時間を放送開始を過ぎていて、1時間たってようやくテレビをつけた。そしたら、EXILEが歌っていて急に萎え…

村経営ゲーム『Banished』のバランスの良さ

今日、Banishedというゲームを購入してプレイしてみたが、ハマって6時間ぐらいぶっ続けでプレイしてしまったので内容を紹介したい。 Banishedはsteamで購入できるパソコン用のゲームで、ジャンルは経営シミュレーションだ。ニコニコ動画で実況動画が多くアッ…

最近の椎名林檎への個人的な考えと、紅白歌合戦

椎名林檎のインタビューが話題になっている。 新聞で見た「15歳の女の子」へ――椎名林檎、ものづくりの根底にあるもの - Yahoo!ニュース 椎名林檎について、このブログで何度も触れたが、最近ずっと彼女の曲を聴いていない。 椎名林檎の『長く短い祭』のPVが…

カバンを押し当てられることが痴漢並みに嫌

私にとって通勤中一番不快なのはカバンを体に押し付けられることだ。 痴漢は誰にとっても不快だ。それと同じようにカバンを押し当てられることは誰にとっても不快な行為だと思っているのだが違うのだろうか。もしかして、私だけが特別不快に感じているのだろ…

「加害者意識を持て」論

「男はもっと痴漢に対して当事者意識を持とう」みたいな流れの記事を最近よく見るのだけど全然乗れない。 「当事者意識を持とう」ならまだ良い。「加害者意識を持とう」なんて本当に言ってるのが信じられない。 加害者でもない人間に加害者意識を持て、なん…

いや、さすがに紅組弱すぎないか?2017紅白歌合戦

紅白歌合戦を今年も見る。見るけれども、何か特別な期待があるわけではない。ただ単に、『ガキ使』をリアルタイムに見る気にならないのと、昨年、一昨年と見たので、それとの比較がしたいという、ただそれだけの理由。 何が最悪かっていうと、紅組のメンツが…

はてなってお金が絡む事柄に関して雑じゃない?って思った

前回の契約があと10日分残ってたはずなんだけど… 最近はてなブログProの契約を更新しました。 前回は1年コースだったのですが、今回は訳あって月当たり600円の2年コースに登録しました。契約してから気付いたのですが、この2年契約、前回の1年コースの期間終…

大嫌いなあべりょうの動画を強制的に見せられる苦痛

本当にムカムカする。 この歌手の名前をブログに書くことは、その歌手の動画の再生数をアップさせることに繋がる可能性があるので、本当は書きたくないのだが、今日はあえて名前を出そうと思う。 その歌手の名前はあべりょうだ。 なぜ嫌いなのか この人の曲…

ゲスと有能は両立する―安倍首相の「忖度」自虐ギャグの効果

安倍首相は17日夜、都内の商業施設のオープニングセレモニーに出席し、地元・山口県の物産も積極的に販売するよう「忖度(そんたく)していただきたい」と挨拶した。野党側は「森友学園の問題が終わったと勘違いしている」と批判している。 安倍首相「忖度…

陰キャ/陽キャは、そこまで悪い言葉ではないのかもしれない

陰キャ(陰キャラ)/陽キャ(陽キャラ)という言葉に対しては、初めて聞いた時から不快感をもっていたのだけれど、最近はそれほど酷い言葉ではないのかもしれないと思い始めた。

90分でも長いよ。『ビジター』(2012)

ワン・シチュエーションものと、登場人物が少ない映画が苦手なので、だいぶ退屈だった。いわゆるネタバレ禁止系の映画なので、ストーリーについて深く言及しないが、まぁ、こういう結末ってあるよね。 物語は事故で息子を亡くした夫婦のもとに、ある日の真夜…

田中誠監督『雨の町』(2006)は安田顕と成海璃子に注目しよう

久しぶりに見つけたホラー系映画の良作。ただ、ホラー的要素は薄く、さほど怖くはないので、ホラー嫌いも安心して見られる。その代わり、ミステリー、サスペンス映画的な要素が強いのと、冒頭にちょっとばかし性的に過激なシーンがあるので苦手な人は注意が…

映画スター、死んでる人、生きている人

不謹慎な話だが、昔の映画界で活躍した役者のうち、誰が死んだか死んでいないのか分からなくなってきている。 先日渡瀬恒彦が死んだと聞かされたと聞いたとき、「兄に続いて弟も逝ったのか」と感傷に浸っていたのに、兄の渡哲也が今も普通に生きていると聞い…

祖母が好きな『天才!志村どうぶつ園』を私が嫌いな理由

久しぶりに実家に帰って祖母に会って話したら、よく見るテレビ番組の話題になった。なんでも祖母の最近の一番のお気に入りは『天才!志村どうぶつ園』で、見ながらよく泣くのだという。それを聞いて「ふーん」と曖昧な相槌を打ったのだが、内心では「どうし…

森友学園関連の話題を追って思ったこと

森友学園の件。現在まで、とくに自分から調べなくても何度となくこの話題をフォローしている人たちのツイートから情報が流れてきて、それを眺めていたのだが、一番強烈に印象に残ったのは、これを話題にしている人たちの節操の無さだった。 自分も数日前まで…